BLOG

ブログ

【2018年最新】プロが解説「新規ネットショップ開設・モール比較について」

こんにちは。ELINKSの新川達朗です。
今回から、販路拡大をする際に重要な「ネットショップの新規開設・モール比較」についてのお話をさせていただきます。

自社で運営する「自社ドメインサイト」、また「Amazon」や「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」などに代表される「モール出店サイト」など、販路拡大には多くの選択肢があります。

そういった多くの選択肢のなかから、自社の商材、ターゲット層に合った出店先を選ぶことは、とても重要です。
極端な例にはなりますが、女性が多く集まるショッピングモールに、「男性向けの育毛剤専門店」があったとしても、正直売れる見込みはないですよね。

ですので、出店先を選ぶというのは非常に大切なことです。成功するための、第一歩といってもいいでしょう。

しかし、実際には出店してみないとわからない部分があるのも事実です。

そこで今回は、実際に自社で運営し、また、お客様よりコンサルタントを依頼していただいるサイトも含め、多くのケースを担当してきた弊社だからこそ分かる、生の情報をお伝えしたいと思います。

よろしくお願いいたします。

出店を検討する前に

お話を始める前に、販路拡大を検討する以前の「大前提」について、お話をさせていただければと思います。

まず、どこで売るか、ということよりも、何の商品を販売するか、の方が当たり前ですが重要です。

極論ですが、500万円の超高級ハンガーが売っていたとします。

バーガーではないです。服をかけるハンガーです。

これ、誰が買うでしょうか。

もしかしたら、一部の大金持ちが買うかもしれませんが、とても一般的ではないですよね。

ニーズのないものは、当然どこで売っても売れません。

また、同じ商品(型番商品)については、安ければ安いほど、売れます。

同じ条件で、同じ内容のゲームソフトが、5,000円と10,000円で売っていたら、当然、5,000円の方を買いますよね。
それが人気商品で、価格がある程度、拮抗していれば、もちろん売れる可能性はあると思います。

しかし、明らかに値段で勝てない場合は、再考の余地があると思います。

上記の例は極論ではありますが、基本となることなので、確認をさせていただきました。

もし、当てはまってしまっている方は、もう一度、商品選定の段階で検討した方が良いかもしれません。

それらを踏まえた上で、お話を続けたいと思います。

「自社ドメインサイト」と「モール出店サイト」について

ネットショップを出店する際に、最初に選ぶのは「自社ドメインサイト」で運営するか、それとも「モールに出店」するか、を考える必要があります。

以前の記事でも少し解説させていただきましたが、ネットショップには大きく分けて2つのカテゴリーが存在します。

【自社ドメインサイト】・・・「独自ドメイン」と「ショッピングカートシステム」を使用した自社専門のECサイト

【モール出店サイト】・・・「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Amazon」などのショッピングモールに出店し、商品を販売するECサイト(※メルカリ・ヤフオクなどの個人売買も含みます)

上記ですが、違いがよくわからないという方もいらっしゃると思います。

そこで、まずは「自社ドメインサイト」と「モール出店サイト」の違いから、お話させていただきます。

「自社ドメインサイト」のメリット

「自社ドメインサイト」とは、ドメインを取得し、自社で運営するECサイトを構築する形態になります。

実店舗で例えると、「自社ドメインサイト」は、路面店。「Amazon」や「楽天市場」などの「モール出店サイト」はデパート・ショッピングモールに該当します。

「自社ドメインサイト」のメリットとしては、「モール出店サイト」と異なり、各モール内の規制やルールがなく、自由な運営が可能なことです。

デザインも自分たちの好きなように作れますし(※ショッピングカートシステムによっては、カート画面などについて、ある程度、デザインが決まっていることもあります)、取得した顧客情報も、自分たちの好きなように管理ができます。

また、一番大きいのは利益の面になるでしょう。
「Amazon」や「楽天市場」などは、多くの場合、出店料や月々の売り上げに応じた高額な販売手数料を支払わなければなりません。

一方、「自社ドメインサイト」は、売り上げに応じた販売手数料といったものはありません。(※サーバー代、クレジット手数料などの諸経費については別途、発生します)

各店舗の運営状況にもよりますが、「自社ドメインサイト」と「モール出店サイト」で同じ売り上げだった場合、多くの場合、利益では「自社ドメインサイト」の方が高くなりやすいのです。

さらに、自社ドメインサイトには利点があります。
例えば、モール側から販売手数料の値上げを迫られたとしましょう。売り上げの販売手数料を、現在よりも、さらに5%上乗せすると通達があったとします。

その場合、大人しく受けるか、退店するか、どちらかしか選択肢はありません。

また、最悪のケースでは、モール自体がなくなってしまう恐れもあります。そうなった場合、収益の柱を失う可能性もあります。
そうなれば、今まで培ってきたレビュー・顧客情報なども失われます。

「自社ドメインサイト」は、そのようなことは基本的には起こりません。自分たちが育てた「自社ドメインサイト」は、純粋な資産になるのです。

その他にも「自社ドメインサイト」には、多くのメリットがあり、育てれば育てるほど、大きな見返りを与えてくれる、魅力的な出店形式と言えるでしょう。

「自社ドメインサイト」のデメリット

「自社ドメインサイト」のデメリットは、とにかく運営が難しいことです。

最近では、「自社ドメインサイト」に、簡単に「カートシステム」を入れることができるシステム「BASE」などの人気もあり、参入されている方も多いですが、「自社ドメインサイト」は、基本的には「モール出店サイト」よりも、構築・運用のハードルが高いので、ある程度の知識を持っているか、もしくはプロに相談した方が良いと思います。

また、特に、新規で「自社ドメインサイト」をつくった方なら体感されていると思いますが、「モール出店サイト」よりも、「自社ドメインサイト」は、アクセス数を集めるのが、よりシビアになってきます。新規ドメインを取得した場合、半年以上にも渡って、アクセス数が、ほとんどないという事業主もいらっしゃいます。

もちろん、対策を打たなければ、ずっとそのままです。

「自社ドメインサイト」のアクセス対策については、WEB広告を運用するという方法もありますが、いずれにしろ、「自社ドメインサイト」で重要なのは、長期的な視点で戦略的に、いかに継続して運用していけるかがカギになります。

「モール出店サイト」のメリット

それぞれの違いを表にまとめてみましたのでご覧ください。

ピンと来ない方のために、「Amazon」を例にお話しします。
「Amazon」は

主要なサービスとしては、カラーミーショップやMakeshop、イージーマイショップなどがあります。

ショッピングカート型の出店のメリットは、自社ECサイトであるため、若干の固定費はかかりますが、販売時の手数料が決済手数料以外にはかからないというメリットがあります。

また、モールに縛られず、メルマガを送信したり、販促活動をダイレクトメールなどのリアル展開につなぐことも可能というメリットがあります。

ショッピングカート型のデメリットとしては、楽天市場などのモールのような認知、集客力がないため、最初のうちはアクセス数が少ないという点があげられます。

最後に商品出品型ですが、これは、Amazonなどへの出品やヤフオクなどへの出品がこのタイプとなります。

商品出品型のメリットは、ネットショップという店構えが必要ないため、商品の価格次第で高い売上を作ることができるという点です。

デメリットとしては、差別化が難しいため、ほとんどの場合が価格競争にさらされてしまうという点です。

「モール出店サイト」について

「モール出店サイト」は、「楽天市場」「Amazon」などのECショッピングモールに、自社の商品を出品する形式になります。

「自社ドメインサイト」との大きな違いは、あくまでも、各モールに出品させてもらうということです。
先ほどの「自社ドメインサイト」は、自分専用の独自ドメイン(URLのこと)を取得し、サイトを置くためのWEBサーバーをレンタル(もしくは構築)し、自社専用のECサイトをつくる形態です。

一方、「モール出店サイト」は、例えば「Amazon」だったら「https://www.amazon.co.jp/」という「Amazon」のドメインにて販売させてもらう形になります。
「Amazon」というショッピングモールで販売するということは、「Amazon」のドメイン上で販売させてもらうということになるのです。

それがどういうことかについては、メリット・デメリットに分けて、解説させていただきます。

「モール出店サイト」のメリット

「モール出店サイト」に出店するメリットは、なんと言っても集客の部分にあります。

先ほど「自社ドメインサイト」のデメリットの部分で、集客が難しいというお話をさせていただきました。

ネットショップを構築しても、見てくれる人がいなければ当然、売れることはありません。
しかし、そのような見込み客を、「Amazon」や「楽天市場」などの巨大な資本力・知名度があるモール側が、代わりに集めてきてくれるのです。

つまり、「自社ドメインサイト」のデメリットの部分で挙げたアクセス対策を、各モールが行ってくれるのです。

これは、「モール出店サイト」の最大のメリットになります。

楽天市場の「スーパーセール」、Amazonの「サイバーマンデー」などは有名ですが、このような大きなイベントを開催し、一気に集客をするのも、大手モールならではの施策です。これらは、見込み客以外の「潜在顧客」にもアプローチでき、複合店舗からなるECモールならではの強みでしょう。

「モール出店サイト」のデメリット

「モール出店サイト」のデメリットとしては、まず、出店するのに手数料がかかること、また売り上げに応じた販売手数料をモール側に支払わないといけないという部分があります。

また、モールごとのルール・規約の変更などには従わなければならず、さらに顧客情報なども基本的には自由に利用することはできません。
(モール内システムでは可)

さらに、集客はモール側がしてくれるとは言っても、そのなかでさらに、モール内での検索対策をしなければなりません。
つまり、モール内でも、さらに自社の商品が露出できるようにしなければなりません。

また、型番商品などの汎用品、日用品等については、同商品が多くの店舗から出品されているため、価格競争になりやすくなります。

「自社ドメインサイト」よりは運用が比較的、楽とはいえ、売り上げを伸ばすには、モール内の検索対策など、ノウハウや作業量は必要になってきます。

「モール出店サイト」については、各モールによって対応が異なります。
例えば「Amazon」と「楽天市場」では、販促方法がまったく違いますので、出店モール、そして自社の商材を考えながら、販促をしていく必要があります。

ITメディアコンサルタントの回答

今回は、簡単ではありますが、「自社ドメインサイト」と「モール内サイト」のお話をさせていただきました。

次回は、各「モール出店サイト」について、詳しくお話をさせていただこうと思います。

また、このような内容を取り上げて欲しいという方がいらっしゃいましたら、LINE@のグループにてお伝えいただければと思います。 

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

EWORKS株式会社
新川達朗

ご質問を、お待ちしております。専用フォームに、ご記載の上、送信してください。

※ 全ての質問に必ずしも答えられるわけではありません。何卒ご了承ください。
※ ご質問は、本ブログで取り上げる可能性がございます。(本名・住所・会社名などにつきましては、載せませんので、ご安心ください)

投稿者プロフィール

E-LINKS
E-LINKS
【茨城県公式】
・eスポーツ産業創造戦略検討調査業務 プロジェクトメンバー
・観光いばらき運営

【NHK水戸出演】
【無料動画素材サイト「ムビデコ」運営】
【もらって嬉しいプレゼント運営】
【E-LINKS代表】
【EWORKS株式会社 取締役】
【日本Web大賞!受賞】

関連記事一覧