BLOG

ブログ

楽天市場での売上減少によるYahoo!ショッピングに出店を検討しています

こんにちは。ELINKSです。
今回は、クライアント様との雑談やお問い合わせなど、実際にお客様からいただいたご質問と回答をご紹介いたします。

※本ブログは筆者の私見と独断が含まれております。

昨年から楽天市場での売上が減少してきました。販路拡大を検討しています。

楽天市場で日用品を販売しているものです。

昨年からアクセスが落ち、売上が減少してきました。
何か手を打たないとと考えていますが、売上が減少しているため、費用をかけることができません。

現在、考えているのは、無料の「Yahoo!ショッピング」に出店することです。
しかし、それが正しいのか、まだ判断ができていません。

E-LINKSさんは、販路拡大は必要だと思いますか?

ITメディアコンサルタントの回答

結論から言えば、販路拡大は必要だと思います。

詳しくは、別記事にて記載しましたので、そちらを参考にしていただければと思います。

「なぜ販路拡大が必要なのか」

販売ルート拡大の主たる目的の一つとして売り場によって異なる顧客層を獲得するという目的があります。

EC市場を牽引してきた大手企業「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」という、3大ECモール以外にも、アパレルに強い「ZOZOTOWN」、KDDI傘下でauユーザーに特化した「Wowma!」など、ベンチャー系モールも台頭してきております。

また、フリマアプリ市場の「メルカリ」「ヤフオク」など、個人売買の選択肢も需要が伸びてきております。

ECショッピングモールだけではなく、利益率が高い「自社ドメインサイト」での運営を本格的に開始する事業主が増えているのも理由の一つです。
こちらも、ECショッピングモールとは、また違う顧客層を獲得することが可能となります。

それぞれに共通することですが、「Amazon」だったら「Amazon」、「楽天市場」だったら「楽天市場」など、そこでしか買わないという、ユーザーも、一定数存在します。

そういった、まだ見ぬ潜在顧客にアピールするためにも、販売ルートの拡大は必要です。

不測の事態で売上が落ちてしまった場合でも、トータルで売上の最大化を図れる体制を作っておくことは、リスク回避という意味でも重要になってくるでしょう。

ご質問を、お待ちしております。専用フォームに、ご記載の上、送信してください。

※ 全ての質問に必ずしも答えられるわけではありません。何卒ご了承ください。
※ ご質問は、本ブログで取り上げる可能性がございます。(本名・住所・会社名などにつきましては、載せませんので、ご安心ください)

投稿者プロフィール

E-LINKS
E-LINKS
【茨城県公式】
・eスポーツ産業創造戦略検討調査業務 プロジェクトメンバー
・観光いばらき運営

【NHK水戸出演】
【無料動画素材サイト「ムビデコ」運営】
【もらって嬉しいプレゼント運営】
【E-LINKS代表】
【EWORKS株式会社 取締役】
【日本Web大賞!受賞】

関連記事一覧